留袖の見分け方・主な生地と買取相場と高価査定のポイント

留袖とは、50センチ前後の短い袖丈の着物のことで、黒留袖と色留袖があります。黒留袖の背中と両袖の前後5か所に染め抜き日向の家紋を入れることによって、既婚女性の第一礼装で最も格の高い着物ということになります。結婚式など特にフォーマルな場所で新郎新婦の母親や親族の中の既婚女性、仲人婦人が着ることが多い着物です。色留袖は準礼装となり、結婚式では親族の女性で特に20代、30代の若い女性が着ることが多い着物です。しかし黒留袖も色留袖も紋の数によって格が変わります。5つ紋なら第一礼装になり、3つ紋なら準礼装、1つ紋なら略礼装で、お茶の席や知人の結婚式などで着用することができます。 黒留袖も色留袖も上半身には柄が無く裾に柄が入っています。晴れの日に着用する着物なので縁起の良い絵柄が描かれています。鶴亀、松竹梅などは「長寿」を表し、ブドウや瓜は「子孫繁栄」、おしどりや貝桶、相生の松は「夫婦円満」、牡丹は「富貴」などの意味を持っていて、これらの柄は「吉祥模様」と言われています。色留袖の柄はもっとバラエティに富んでいますが、一般的に大きめの華やかな柄は若い人向き、柄の位置が低く面積が小さくなるほど年配向きという傾向があります。 黒留袖で主に使用されている生地は滋賀県の長浜地方で織られる濱縮緬や京都の単語地方で織られる丹後縮緬など地模様のなく、絹を平織にした縮緬です。色留袖は地模様のない縮緬のほかに綸子や緞子なども用いられます。縮緬生地は絹だけでなくレーヨンやポリエステルで織られる場合もあります。 その中で最も格調高い留袖は正絹で作られているのですが、正絹は湿気や虫食いに弱く、保管場所や保管方法に注意が必要になってきます。湿気に強い桐製の箪笥でたとう紙に包んで保管をするのですが、防湿剤や防虫剤も必要になります。また年に数回の虫干しが必要になるなど、正しく保管をするには結構手間がかかる着物です。それでも何回か着用するなら保管方法に注意しながら保管をしておくのですが、もう着る機会がないという場合には、せっかくの格式高い着物を手間をかけて保管し続けるより、買取業者に買い取ってもらい、他に必要とする人に改めて使ってもらう方が留袖の価値も維持できるのです。 正しく保存された留袖なら買い取ってもらうことが可能です。何回か袖を通した着物でも状態の良いものや新品のものなら1万円以上で買い取ってもらえることも可能です。また人間国宝となる有名作家が作ったものや有名産地で作られたようなものはもっと高く買い取ってもらえます。たとえば京友禅、京加賀友禅、金彩友禅などは高く買い取ってもらえる可能性があるのです。 買取ってもらうのはオークションやリサイクルショップなどでも良いのですが、留袖の本との価値の見分け方を知っている着物専門の業者なら生地や産地、状態を見極めて査定をしてもらうことができます。 留袖をはじめ着物類の高価査定のポイントは、まず、状態がきれいであることです。正しい保尊方法で保安されていれば買取査定額も上がることにつながります。また生地や産地などを良く知っている着物専門の業者で複数業者に査定をしてもらうことです。着物の価値を適正に知っていてもその買取業者の販売地域やルートなどで需要が多いか少ないかによっても査定価格は変わってきます。需要が多い時期や地域は変動します。ここ近年は着物の人気が下がって需要が減ってきたとはいえ「和」に興味を持ち着付け教室やお茶、お花などに興味を持つ若い人もいれば、海外からの観光客で、着物を着てみたい、着物を買って帰りたいという人もたくさんいます。また着物という形でなくても「和」の小物に興味がある人もいます。特に京都や金沢などの古都ではまだ需要が多いです。また着物離れをしてきたといっても結婚式では新郎新婦の母親は黒留袖を着用する人も多く、自分で持っていてもレンタルのほうが後片付けも楽ということでレンタルショップでは黒留袖の需要も増えています。このように需要のあるところほど高く買い取ってもらうことができるのですが、それは業者によっても変わってくるので複数の業者で査定をしてもらうことが賢明です。 そして有名作家の着物や証券で記事が良い着物ほど必要なのが、それを証明する証紙です。証紙がある場合とない場合とでは査定額に差がついてくるので、きちんと保存された証紙がある方が高く査定してもらうことができます。 さらに高価査定のポイントは、不要と決まればできるだけ早く買取業者に持っていくことです。長く置いておくほどシミや虫食いのもとになってしまいます。いくら有名作家が手掛けたものや有名産地の着物であっても生地が傷んでいたり柄が褪せていたりすると価値がなくなってしまいます。だからできるだけ良い状態のうちに持っていくことが大切です。着物専門店で着物のリメイクなどを行っている業者であれば、少々の痛みや柄の色あせなどはその業者内で直してもらえる場合もあるので、そのような業者を選ぶことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です